障がい者のための就職エージェント比較

      2018/10/10

ハローワークなどの公的事業や障害者のための転職サイトでいい就職口がみつからないあなた。
民間企業の転職エージェントを試してみたらどうでしょう。

転職エージェントと聞いて「あ〜、テレビCMでよくみる転職サイトの中の障害者枠なんじゃない?」と思った方。

残念ながら、テレビCMでよく見る大手転職サイトにはほとんど障害者向けの転職情報はないと思ってまちがいないです。

  • マイナビ
  • リクナビ
  • en japan
  • ハタラクティブ
  • indeed

これらの転職サイトは基本的に障害者向けの求人を扱っていません。

この記事では実際に障害者のための転職実績がある転職サイト(転職エージェント)を解説していきます。

障害者のための転職エージェントとは

 

人材としての障害者を探している企業と職を探している障害者とをマッチングさせる役目をしている。

企業はお金を払って人材を探していて、そのお金で転職エージェントは運営されている。

なので職を探す側の障害者は一切お金がかからずに無料で転職エージェントを利用出来る。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトは求人情報を提供するだけです。
利用者は自分で探して自分で応募します。

一方、転職エージェントは利用者ごとにアドバイザーが付き、利用者の相談を聞いて会社を紹介します。

このとき単に紹介するだけではなく面接の仕方など色々なアドバイスをしてくれます。

これは、前述したように転職エージェントは企業に人材を紹介する事で紹介料をもらってビジネスとして成り立っています。

つまり、利用者に仕事が見つからないとビジネスにならないので一生懸命に相談にのって就職出来るようにサポートするのです。

アットジーピー

アットジーピーtop

  • サービス名: アットジーピー
  • 運営会社: ゼネラルパートナーズ
  • 新卒採用: ○
  • 中途採用: ○
  • 障害者手帳: 必須
  • 発達障害を含むか: アスペルガー、高機能自閉症、ADHD、学習障害など細かく登録できる
  • 費用: 無料
  • スマホ対応: ○
  • 求人エリア: 全国
  • 職種: 全般
  • エージェント型: ○
  • 面談対応エリア: 東京。遠方は電話での対応。
  • 自分で検索型: ○
  • スカウト: ○

メリット

発達障害を含む精神障害の求人も多い。

デメリット

転職エージェントによる面談が関東・関西・名古屋エリアしかない。

 

DODAチャレンジ

dodaチャレンジtop

https://doda.jp/challenge/

  • サービス名: DODAチャレンジ
  • 運営会社: インテリジェンス
  • 新卒採用: ?
  • 中途採用: ○
  • 障害者手帳: 所持者または申請中のみ
  • 発達障害を含むか: 発達障害、うつ病、知的障害、統合失調症など
  • 費用: 無料
  • スマホ対応: ○
  • 求人エリア: 全国
  • 職種: 全般
  • エージェント型: ○
  • 面談対応エリア: 東京、横浜、大阪、神戸、京都、名古屋。その他は電話はTV電話、チャットなど。
  • 自分で検索型: ○
  • スカウト: ○

メリット

「身体障害」と「精神障害(発達障害)」を分けてサポートしてくれる。

デメリット

 

 

BABNAVI

babnavi_top

https://bab-navi.com/

  • 運営会社: D&I
  • 新卒採用: ?
  • 中途採用: ○
  • 障害者手帳: ?
  • 発達障害を含むか:
  • 費用: 無料
  • スマホ対応: ?
  • 求人エリア: 全国
  • 職種: 全般
  • エージェント型: ?
  • 面談対応エリア: ?
  • 自分で検索型: ○
  • スカウト: ?

メリット

求人数2,000件超えは障がい者に特化した転職サイトとしては最大級

デメリット

 

エージェント・サーナ

エージェントサーナtop

https://www.agent-sana.com/

  • 運営会社: 株式会社イフ
  • 新卒採用: ?
  • 中途採用: ○
  • 障害者手帳: 必要
  • 発達障害を含むか: 知的障害、精神障害まで。
  • 費用: 無料
  • スマホ対応: ○
  • 求人エリア: 全国
  • 職種: 全般
  • エージェント型: ○
  • 面談対応エリア: 東京。時々、関西、東海での面談もあり。
  • 自分で検索型: ?
  • スカウト: ?

メリット

 

デメリット

人口の少ない地域は担当者がつかない。

 

 

アビリティスタッフィング

アビリティスタッフィングtop

https://ability.r-staffing.co.jp/

発達障害、うつ病、統合失調症、社会不安障害、双極性障害など、精神障害に特化しているエージェントです。

メリット

障害者手帳がなくても登録できるのはここだけです。

事務職の求人が多く、年収300万円以上の求人もたくさん掲載されています。

デメリット

対応エリアが首都圏のみ。

 

転職エージェント比較のポイント

面接の決断を急がせたり、はやく決めるようにいそがせたりする会社はやめておきましょう。

仕事内容や環境について希望を伝えているのにそれに会ってない会社ばかり紹介するところもやめましょう。

無料でやってもらっているからと、こちらが遠慮することはありません。
自分に合う職場が見つからなかったら転職エージェントを変更していきましょう。

まとめ

人材がいれば雇いたいと思っている企業は意外と多いものです。

焦らずにあなたにあった職場を探していきましょう。

転職エージェントはそのたのの会社です。
親身になって相談に乗ってくれてないと感じたら別のエージェントに変えても全然いいと思います。

じっくりとあなたにあった仕事を探すヘルパーとして転職エージェントを使っていくべきです。


以上「障がい者のための就職エージェント比較」という記事でした。
参考になったらシェアしてくれると嬉しいです。

 - 基礎知識