発達障がい者のための就労支援

      2019/07/12

発達障がいの人は最初、自分では気がつかない事が多いです。

一般の企業などに就職して仕事をしていく上でうまく職場に対処出来ずにやめてしまい、その気分の落ち込みから診療内科を受診する。

そこで初めて発達障がいと診断され自分が発達障がいだと気づくのです。

一旦は発達障がいだと気づく事でホッとする人もいます。
職場でうまくいかない事の理由がわかったからです。

しかしそのままでは次の就職に対して大きな不安を感じてしまいます。

そんなときに頼れるのが就労移行支援です。
それは障がい者が就職をするための準備・訓練が出来る場所。

今回は就職に対して不安を感じている発達障がいの方が就労移行支援を利用することでどう変わっていけるのか調べていきます。

発達障がいとは

発達障がいは大きく分けて3つに分類されます。

自閉症スペクトラム(ASD)アスペルガー、高機能自閉症、広汎性発達障がいを含む

主に人とのコミュニケーションが困難になる障がい。
症状は人によって千差万別。

グループでの活動が苦手
伝えたい事を言葉にするのが苦手
他人に関心が持てない
自分中心に行動してしまう

ADHD(注意欠陥、多動性障がい)

ADHDは不注意な事やじっとしていられない(多動)こと、衝動的な行動といった特徴があります。

注意を細かく払ったり、持続する事が出来ない
ものごとを忘れる事が多い
じっとしていられずたえずソワソワと手足を動かしたりする

学習障がい (LD)

認知能力や見たこと、聞いたことを処理する能力に問題があり、結果として読み、書き、計算が苦手として表れる障がい。

正確に文章を読めない、読むスピードが遅い
文章を読む事やその意味を理解することが難しい
数字自体や計算が苦手

発達障がい者のための就労支援

発達障がい者のための就労支援は大きく分けて次の二つ。

  • 発達障がい者支援センター
  • 就労移行支援事業所

発達障がい者支援センター

発達障がい者支援センターでは生活や就労に関する相談をする事が出来ます。
発達障がいのある子ども、大人、またその関係者をサポートするための専門機関で都道府県や指定都市が運営しています。

社会福祉法人、特定非営利組織へ運営を委託している場合もあります。

→全国の発達障がい者支援センター

就労移行支援事業所

障がい者総合支援法における福祉サービスである
一般企業への就労を目的にして、働くための知識や能力を身につけることができる
運営は民間企業、NPO法人、社会福祉法人などがしている

利用条件

  • 原則18歳以上65歳未満の方
  • 身体障がい、知的障がい、精神障がい、発達障がいや難病の方
  • 般企業への就労を希望していて、就労が可能と見込まれる方
  • 障がい者手帳、医師の診断書、または一定の通院履歴が必要

学校のように通いながら就労するための訓練を受ける事が出来る場所です。

就職に役立つ知識や必要なスキルを学べます。
企業実習もあり、その企業に就職する事もあります。

 

就労支援に通うことで改善する事

就労支援事業所に通うことによって改善する事は次のようなもの。

職場体験実習
面接時に自分の特性や苦手な事をうまく伝えられるようになる。
規則正しい生活のルズムを取り戻せる
働くための自己管理能力を身につけられる
仕事の現場で求められるビジネスマナーやパソコンスキル等が身につけられる
グループワーク等を通じて仕事の進め方やコミュニケーション能力を身につけられる

発達障がいの方に向いている就労支援所

大人の発達障がい専門の就労移行支援事業所。
体験利用が出来ます。

リンクビー



アットジーピーを運営するゼネラルパートナーズが運営する発達障害専門の就労支援サービスが「リンクビー」です。

リンクビーは自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、ADHD、LDなど発達障がいの方向けに専門特化した就職支援サービス。

実践的な職業トレーニング

実際の職場とおなじようにシュミレーションをして、どんな仕事が向いているのかを探していきます。

コミュニケーションスキルの習得

実際の職場とおなじようにシュミレーションを通して仕事に必要なコミュニケーションスキルの習得をしていきます。

企業ネットワーク

アットジーピー ならではの企業とのパイプを使い発達障害に理解のある企業を発掘します。

就職サポート

応募企業の選択、応募書類の添削や面接の練習などのほか各支援機構と連携をして入社後のサポートも万全。

【リンクビー】

 

ディーキャリア

大人の発達障害の方の為の就労移行支援

こんな[あなた]におすすめ

発達障害と診断をうけて、どうして良いか分からない
空気がよめなくて人間関係がうまくいかない
せっかく就職したのに長続きしない
一般枠か障害者枠で就職するか悩んでる
自分が発達障害なのではないかと不安な大学4年生
求職中で、発達障害の診断がでて悩んでいる
引用元:ディーキャリアhttps://dd-career.com/

→【ディーキャリア】

 

まとめ

就労移行支援事業所は全国にたくさんあります。

しかし発達障がいに特化した就労移行支援事業所は非常に少ないです。

発達障がいの方の病気の特性や症状を理解し効果的な支援が出来る専門スタッフがいる就労移行支援事業所はどうしても首都圏にしかありません。

地方に住む発達障がいの方の就労移行支援をどうするのか、がこれからの課題ですね。


以上「発達障がい者のための就労支援」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 - 就労支援, 発達障害