発達障がい専門の就労移行支援リンクビーなら就職サポートも万全

      2019/08/08

画像引用元:リンクビーhttp://www.linkbe.jp/

ハローワークや障がい者向け転職・就職サイトで就職先が見つからなかったあなた。

自分の仕事に対するスキルをちょっと見直してみませんか。

就労移行支援サービスは基本無料で使える福祉サービスで、一般企業への就職を希望する障がいを持つ人たちにビジネススキル・コミュニケーションスキルを磨くカリキュラムが用意されているところです。

最低でも半年程度通うことで仕事に対するスキルアップを目指します。

そんな事で就職出来るのかと心配になりますよね。

今回紹介するリンクビーは障がい者向け転職・就職エージェントの大手アットジーピー系列の就労移行支援サービスなんです。

長年つちかった企業とのパイプがありますので就職サポートに期待していいと思いますよ。

この記事でわかる事

就労移行支援とは
発達障がい専門の就労移行支援リンクビーの詳細

就労移行支援とは

就労移行支援とは障害者総合支援法をもとに障害者への職業訓練を行う障害福祉サービスの一つです。

実際に企業への紹介をしてくれる「転職・就職エージェント」に行く一つ前の段階と捉えていいと思います。

一般企業で働くことを希望する人が障がいを持っていても働けるスキルを身に付けるように訓練するところなのです。

最近では「うつ」や「ADHD」などが原因で一度退職してしまった人が自分の障がいに対する対応策を見つけるために就労移行支援サービスを受けることも少なくありません。

福祉サービスなので基本無料ですが前年度の収入が多い場合は利用料がかかる場合があります。

 

障害者手帳を持っていなくても利用出来る

就労移行支援サービスを利用するには障害者手帳は必須ではありません。

持っていない人でも医師の診断や自治体の判断によって利用する事が出来ます。

 

就労移行支援事業所を利用している期間の収入について

就労移行支援事業所では工賃や給付金は出ません。

では利用している期間の生活費はどうするのかという問題ですが、利用している期間はアルバイトなどは出来ませんので貯金や親族からの援助、または障がい年金や雇用保険(失業保険)に頼れない人はきびしいかもしれません。

場合によっては生活保護を受給するという選択肢も検討するしかないですね。

就労移行支援を利用する手続き

就労移行支援を利用するには障害福祉サービス受給者証が必要になります。

必要書類を用意してから地元の行政窓口に受給者証の申請をします。

障害があることを証明する書類(障害者手帳、医師の診断書や意見書など)

就労移行支援所での就職・転職サポート

就労移行支援所では就職活動を一緒にしてくれる支援員がいます。
自分に合う就職先を探してくれたり履歴書の書き方、面接の仕方などを指導してもらえるんですね。

このあと紹介する就労移行支援サービスの「リンクビー」は障がい者向け転職・就職エージェントのアットジーピー(atgp)系列の就労移行支援サービスです。

こういう就労移行支援所だとより具体的な就職・転職サポートが受けられます。

就労移行支援サービを利用しても就職出来ない場合はある

就労移行支援サービを利用して企業へ就職できているはたくさんいます。
一方で就職出来ない人がいる事も事実です。

就職出来ない原因は何なのでしょう?

就職活動のタイミング

限られた採用枠に、応募するタイミングの悪さで入れない事はよくあることです。
こればかりは自分ではどうしようもありませんね。

就労移行支援所の姿勢

運営に問題のある小さな就労移行支援所では意図的に就職させないところもあると聞きます。

就労移行支援事業は福祉サービスなので利用者の数によってもらえる補助金が違ってきます。

利用者が減ると困るという考えの就労移行支援所もあるということですね。

アットジーピー(atgp)など転職エージェントでは企業との契約で人材を紹介して、その見返りとしてお金をもらっています。
つまり就職してもらわないと利益が出ないビジネスなんです。
転職エージェント系列の就労移行支援サービスだと就職しやすい傾向にあると言えるでしょう。

利用者の問題

誰でもなるべく条件のいいところへ就職したいものです。
しかし障がいへの配慮を多く求めたり、高い収入を求めていると対応出来る企業がいつまでも見つからないという事も出てきますね。


 

ここまで「就労移行支援とは」について解説してきました。

さらに詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

発達障がい専門の就労移行支援リンクビー

アットジーピーを運営するゼネラルパートナーズが運営する発達障害専門の就労支援サービスが「リンクビー」です。

リンクビーは自閉症スペクトラム、アスペルガー症候群、ADHD、LDなど発達障がいの方向けに専門特化した就職支援サービスなんです。

就労・定着ともに高い実績のある就労支援サービスです。

リンクビーの事業所は次の3つで近隣の県から通う方もたくさんいます。

事業所の場所

リンクビー大手町

〒101-0047 東京都千代田区5 内神田1丁目5-4 加藤ビル1F
TEL03-3518-2922

リンクビー秋葉原

〒101-0021 東京都千代田区外神田5-2-3アソルティ末広町3階
TEL03-5816-6162

リンクビー大阪

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル23F
TEL06-7638-0040

実践的な職業トレーニング

画像引用元:リンクビーhttp://www.linkbe.jp/about/

実際の職場とおなじようなシュミレーションをして、どんな仕事が向いているのかを探していきます。
IT関連への就労にも対応出来るようパソコン研修もあり。

事務系を中心に様々な職種・業種の仕事を体験できるので、適性のある仕事や興味のある業界を発見することができます。
引用元:リンクビーhttp://www.linkbe.jp/about/

  • 営業アシスタント
  • 経理
  • 人事労務管理
  • マーケティング
  • 企画立案
  • データ入力
  • イベントプランニング

など

コミュニケーションスキルの習得

画像引用元:リンクビーhttp://www.linkbe.jp/about/

実際の職場とおなじようなシュミレーションを通して仕事に必要なコミュニケーションスキルの習得をしていきます。

上司や同僚に対するコミュニケーションやその他のビジネスコミュニーケーションを実践を通じて学ぶ。
  • 研修内容
  • ビジネスマナー
  • 電話応対
  • 歓送迎会
  • ホウレンソウ
  • アンガーマネジメント

 

企業ネットワーク

画像引用元:リンクビーhttp://www.linkbe.jp/about/

転職エージェントアットジーピー ならではの企業とのパイプを使い発達障害に理解のある企業を発掘します。
各企業の人事部門採用者に職業訓練を見に来てもらうなどの働きかけをしています。

就職サポート

画像引用元:リンクビーhttp://www.linkbe.jp/about/

就職アドバイザーによる応募企業の選択、応募書類の添削や面接の練習などのサポート。
各支援機構と連携をして入社後のサポートも万全。

  • 障がい者求人情報の提供
  • 企業実習
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接練習
  • 面接同席
  • プロフィールシートの発行
  • 職場定着サポート
  • 支援機関紹介

など

リンクビー利用の流れ

相談予約・お問い合わせ

「見学・相談予約・お問い合わせ」フォームから申し込む
【リンクビー】

見学

実際のトレーニング場面を見学

個別面談

アドバイザーとの個別相談

体験通所

5日程度のお試し通所を行うことが可能

受給者証の申請・発行

地元の市区町村で受給者証の申請手続きを行う。手続き方法に不安がある場合はリンクビーの職員が手伝ってくれる。

利用開始

受給者証が交付されたらリンクビーと利用契約を結んで利用開始

 

その他の就労支援サービス

 

シゴトライ(うつ症状専門)




東京都・大阪府で就職実績No.1(※)
さらに、就職後の職場定着率も90%(平成29年4月時点)

(※厚生労働省 行政文書開示請求「平成27年度就労移行等実態調査」より)

就職・転職サポート大手「atGP転職サービス」と連携。
プロのキャリアアドバイザーから内定までサポートを受けることができる。

うつ症状専門のカリキュラムを用意。
また、同じ症状と同じ目標を持つ仲間と悩みや 解決策の情報共有ができるため安心。
長期就労に必要なスキルや症状への 対処法を身に付けることができる。

リドアーズ(統合失調症専門)




就職・転職サポート大手「atGP転職サービス」と連携

統合失調症専門のカリキュラムを用意。

統合失調症の方が就職した後に長く活躍するために  必要な症状理解とセルフコントロール、ビジネススキル等の独自の研修を準備。

Melk(交通費・ランチ代助成)




2019年3月時点で首都圏(1都3県)で34事業所展開。

●Melkの支援の特長

1. ご自分のペースでスタート!(スモールステップ)
2. 一人ひとりに対応した柔軟性のある支援
3. バランスのとれた多彩なプログラム
4. 実習先企業の開拓と連携
5. 地域関係機関との連携共有
6. 社会経験豊富なスタッフ
7. 通所交通費・ランチを助成

交通費・ランチ(昼食)代が出ます。

まとめ

リンクビー利用の流れをまとめます。

実践的なシュミレーションによる職業訓練を受ける。
発達障害に理解のある企業をアドバイザーと一緒に探す。
プロフィールシートの書き方、面接の仕方などのサポートを受けて企業に応募
入社内定後は職場定着のサポートを受ける。

リンクビーの強みはなんといっても障がい者向け転職・就職エージェントの大手アットジーピー系列だということでしょう。
応募を検討出来る企業の数が豊富です。

まずは見学だけ申し込んでみてもいいと思います。


以上「発達障がい専門の就労移行支援リンクビーなら就職サポートも万全」という記事でした。
気に入ってもらえたらシェアしてくれると嬉しいです。

 - 就労支援, 発達障害